×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

軽キャンピングカーの利点

軽キャンピングカーの利点

1.軽キャンピングカーは、価格が断然安い。
  外国製の大型キャンピングカーだと軽く500万円以上、国産でも300〜400万円はしますよね、
  でも軽キャンピングカーの価格は200万円前後(オプション付きで300万円程度)です。
  少し頑張れば手が届く範囲内になっています。

2.軽キャンピングカーは維持費が安い。
  ・車のガソリン代
  ・駐車場代
  ・車検代
  ・税金
  ・保険料
  ・その他(内外の清掃やグッズの購入金額)
    このどれも安くつきます。

3.軽キャンピングカーは走行性能が抜群に良い。
  馬力が小さくて小回りが利きリッター辺り30kmは優に伸びます。

4.小スペースで駐車可能
  自宅のガレージや街中のコンビニなどに、どこでもスッと駐車できるし、
  日常の駐車料金も安くつきます。

5.軽自動車のキャンピングカー 改造が安い。
  既存の軽自動車を軽自動車のキャンピングカーに改造するにしても、
  大型車よりも改造費用が断然安くつきます。

軽自動車のキャンピングカーの種類

軽自動車のキャンピングカーの種類

文字で説明するより、分かり易い画像ので紹介していきます。





テントむし
テントむし
ベース車種:SUZUKI キャリィ
YADOKARI
YADOKARI
ベース車種:軽トラック全車種
ワタビー
WATABEE(ワタビー)
ベース車種:SUZUKI エブリィ
&マツダ スクラム
ピクニック
ピクニック
ベース車種:SUZUKI エブリィ
スモール
Small(スモール)
ベース車種:SUZUKI エブリィ
MYBOX
MYBOX ベース車種:
HONDA Hobio(ホビオ)
> トライキャンパー
トライキャンパー
ベース車種:スバル サンバー
ラクーン
ラ・クーン
ベース車種:SUZUKI キャリー
スズキ スモール エブリィハイルーフ JOIN
スズキ スモール エブリィハイルーフ JOIN

軽自動車のキャンピングカーの装備とオプション

軽自動車のキャンピングカーの装備とオプション

主なものを挙げるとすれば、
・サイドウォールキャビネット
  シンクキット取り付けスペースになります
・ちゃぶ台テーブル  テーブルは折りたたみ式
・シンクキット(蛇口仕様)
・シンクキット(シャワーヘッド仕様)
・天井収納ネット
  寝袋や衣装などの荷物は上部収納ネットでスッキリ
・折りたたみマット
  折りたたみ式ベットマットでスッキリ収納
・リアゲート部背もたれマット
・窓面遮光カーテン
・サイドオーニング
  ベースキャリアも装備され、大型ベースキャリアも取り付け可能
・FFヒーターで寒い季節もあたたか。
  (FFヒーターの設置はサブバッテリーパックが必要)
・サブバッテリーパック
  走行充電システム+サブバッテリー+コントローラー
・外部電源
  外部電源+サブバッテリーパック+コントローラー

文字で説明するより、分かり易い画像ので紹介していきます。




テーブルを和風モダンのちゃぶ台にすることにより
室内を自由に動かすことが出来ます。
間単に車外に持ち出すことも出来てとても便利です。
・2人でもゆったりくつろげるリビングスペース


サイドウォールキャビネット標準装備
※シンクキット取り付けスペースになります。


上部収納ネットなので、ひろびろ有効活用

寝袋や衣装などの荷物は上部収納ネット
でスッキリ片付けられます。


運転席シートバックマット
普段はカップフォルダーに、
倒せばサイドテーブルとしてもお使いいただけます。


折りたたみマット
折りたたみ式ベットマットでスッキリ収納

ベットメイク
ベッドにすれば、幅119cm・長さ184cmの
せみダブルサイズになります。

標準装備の前面遮光カーテン
ゆったり2名就寝できます。

ちゃぶ台テーブルは折りたたみ式の足で
すっ きり収納できます。上部収納ネット
  
サイドキャビネットにちゃぶ台テーブルを
引っ掛けるだけの簡単収納

オプション
シンクキット(蛇口仕様)5万円位
外部シャワーとしても使用できます。
シンクパック(給水10L)

    オプション
サブバッテリーパック 8万円位
走行充電システム+サブバッテリー+コントローラー

Copyright © 2007 軽自動車 キャンピングカー:軽キャンパー